立山連峰の雄大な眺望が魅力! 富山県・雨晴海岸の魅力

まいどはやです

雨晴海岸(あまはらしかいがん)は、富山県高岡市北部に位置する海岸で、能登半島国定公園に含まれ、日本の渚百選にも選ばれています。晴れた日には、富山湾越しに立山連峰の3,000 m級の山々を望むことができ、景勝地として人気があります。冬季は日本海のけあらしや元旦の初日の出のために多くのカメラマンや見物客が集まります。

雨晴駅の近くには、「雨を晴らした」という地名の由来となった義経伝説が残る義経岩があります。また、男岩や女岩をはじめとする小さな島や岩礁が多く、立山連峰を背景に望む景勝地でもあります。

高岡市と氷見市を結ぶJR氷見線の越中国分 – 雨晴間はほぼ海岸線のすぐ横を通るため、車窓からの眺めもよく、列車の撮影ポイントとして鉄道ファンにも人気があり、青春18きっぷの販促ポスターにも採用されたことがあります。2014年には、雨晴海岸を含む富山湾が世界で最も美しい湾クラブに加盟し、その美しさが認められています。

雨晴海岸(あまはらしかいがん)は、富山県高岡市北部の海岸。能登半島国定公園に含まれ、日本の渚百選に選ばれている。

晴れた日には富山湾越しに立山連峰の3,000 m級の山々を望むことができ、景勝地として人気がある。冬季は日本海のけあらしや元旦の初日の出のために多くのカメラマンや見物客が集まる。

高岡市と氷見市を結ぶJR氷見線の越中国分 – 雨晴間はほぼ海岸線のすぐ横を通るため、車窓からの眺めもよく、列車の撮影ポイントとして鉄道ファンにも人気があり、青春18きっぷの販促ポスターに採用されたこともある。

2014年(平成26年)には雨晴海岸を含む富山湾が世界で最も美しい湾クラブに加盟した。

富山県指定の「氷見海岸鳥獣保護区」の一部として鳥獣保護区にもなっている。

雨晴海岸付近は男岩や女岩をはじめとする小さな島や岩礁が多く、立山連峰を背景に望む景勝地である。

雨晴駅の近くには「雨を晴らした」という地名の由来となった義経伝説が残る義経岩がある。

※Wikipediaより

夫婦岩の向こうにそびえる立山連峰を眺めながら、雨晴海岸の静かで美しい景色を楽しむことができます。

雨晴海岸の海水は非常に透明度が高く、綺麗なブルーグリーンの色合いが特徴です。

雨晴海岸には、観光客に人気の道の駅「あまはらし」があります。ここでは、地元の特産品やお土産、海鮮料理が楽しめます。また、海の見える展望台や、キャンプ場、バーベキュー場も備えられているため、家族連れや友人同士での訪問にもおすすめです。特に夏場は、キャンプ場には多くのファミリーが訪れ、賑わいを見せます。また、道の駅周辺には、雨晴海岸の散策路も整備されており、美しい海景色を眺めながらの散歩もできます。地元の人たちにも愛される道の駅「あまはらし」で、富山の旅を楽しんでみてはいかがでしょうか。

道の駅は、交通の要所に位置することが多く、鉄道や海岸の近くに設置されることが多いです。旅行者やドライバーが立ち寄って、地元の特産品や食事を楽しむことができる施設です。また、周辺の観光情報を提供する案内所や休憩施設、トイレも完備しており、長時間運転するドライバーにとっては貴重な休憩場所となっています。道の駅は地域活性化にも貢献し、地元の農産物や特産品の販売促進にも役立っています。

雨晴海岸にある義経岩は、義経が雨を晴らしたという伝説が残る場所で、地元の人たちからも大切にされています。

雨晴海岸にある義経岩は、源義経が鎌倉幕府に敗れて逃亡中に雨を避けるために立ち寄ったと伝えられています。岩の形が雨を避けるように張り出していることから、「雨を晴らした」という地名が生まれたと言われています。また、義経岩の上部には、義経が休息したとされる場所が残されています。義経岩は、歴史的な背景を持ちながらも、美しい景観として多くの人々に愛されています。

雨晴海岸は、日本の渚百選に選ばれ、能登半島国定公園に含まれ、立山連峰を背景に望む景勝地として有名です。ここでは、砂浜での海水浴や、岩場での釣りなど、様々な海の楽しみ方ができます。また、道の駅「雨晴」では、海産物の直売所やレストラン、温泉施設などがあり、観光客にとって便利な拠点となっています。

さらに、この地域には、男岩や女岩など、大小様々な島や岩礁が点在しており、美しい景観を醸し出しています。また、雨晴海岸の近くには、義経岩という名前の岩があり、義経がこの地で雨を晴らした伝説が残されています。

雨晴海岸は、春や秋には爽やかな風が吹き、夏には海水浴やキャンプなど、夏のレジャーが楽しめるスポットとしても知られています。また、冬には日本海からの荒波が打ち寄せる荒々しい海が見られます。

富山県高岡市にある雨晴海岸は、四季折々の美しい景色が広がる、自然豊かな地域です。訪れた人々が、自然と共に、癒されることができる素晴らしい場所です。







よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

電子機器の試作会社、老舗出版会社、通信系IT企業を経由して、現在は兼業ブロガー。SDGsに貢献しつつ、生活の中で課題をもって購入した商品のレビュー、プチ旅行の紹介、忘れつつある記憶の記録など、おおむね個人の趣味を綴ったブログにしたいと思います。

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次