水と緑に囲まれた絶景! 富岩運河に佇む、世界一美しいスタバ

まいどはやです

富岩運河は、富山市の中心部を流れる運河であり、明治時代に作られた歴史的な建造物です。全長2434メートル、幅15メートル、深さ1.6メートルの運河は、当時の貨物輸送を担っていました。現在では、水運が廃れたため、レジャーの場として親しまれています。春には桜が咲き、夏にはボートやカヌーを楽しむ人々で賑わいます。

また、富岩運河には多くの魅力的なスポットがあります。運河沿いには、レストランやカフェがあり、運河を眺めながら食事やお茶を楽しむことができます。また、運河に沿って散歩をするのもおすすめです。富岩運河沿いには、古い町並みや、木造の建物など、富山の歴史的な景観が残されています。昔ながらの建物を見ながら、タイムスリップしたような気分になることでしょう。

さらに、運河の周辺には、富山市の名所やグルメスポットがたくさんあります。運河を北上すると、富山城があります。富山城は、国の重要文化財に指定されており、江戸時代に築かれた城跡です。城の天守閣からは、富山市内を一望することができます。

また、運河を南下すると、富山市の中心部に出ます。ここには、富山市役所やショッピングセンター、アミューズメント施設があります。さらに南下すると、富山駅があります。駅前には、高層ビルやホテルなどが立ち並んでいます。

富岩運河は、富山市の魅力的な観光スポットの一つです。歴史的な建造物を見ながら、町並み散策やグルメ巡りを楽しむことができます。富岩運河は、春夏秋冬、四季折々の美しい風景が楽しめる場所です。ぜひ、富岩運河を訪れて、富山の魅力を満喫してみてください。

富岩運河(ふがんうんが)は、神通川下流の東岸に沿って位置し、富山湾の富山港〔岩瀬港〕(富山市岩瀬)から富山市湊入船町までをつなぐ運河である。神通川また、富山県道30号富山港線や富山地方鉄道富山港線とほぼ平行に流れている。

地理
富山市中心部、富山駅北側の湊入船町にある富岩運河環水公園から流れ始め、中島閘門までは工場や住宅地の間を流れる。中島閘門を過ぎると住宅地や工場や木材などの資材置き場、日本海ガスのガス貯蔵庫などがあり、途中で住友運河と合流する。萩浦小橋を過ぎると右岸には工場、左岸は神通川の堤防が続く。富山港付近になると港湾関係の施設が続き、富山港(富山湾)に流れ出る。

歴史
江戸時代、現在の富山港には他の地方からの船舶が多く停泊していて岩瀬地区では古くから商業が盛んであった。しかし、岩瀬地区から富山城のある富山市中心部までは遠くて不便であった。さらに明治時代に入ると資材の運搬が盛んになり、岩瀬地区と富山市中心部を結ぶ水運が不可欠となった。

1928年、当時内務省の技師であった赤司貫一(1890年 – 1954年)が立案した計画をもとに富山の都市計画事業が決定する。赤司が立案した計画は、当時はばらばらに整備するのが一般的だった運河、区画整理、街路や公園の整備を同時に行う画期的な計画だった。この計画に当時の内務省幹部は「日本初の試みだ。」と賞賛した。

1930年に工事は着工した。この工事ではエキスカベーターという掘削機が使用されていた。そして、1934年に、整備は完成した。この工事で削り取られた130万m3の土砂は富山市市街地で曲がっていた神通川の馳越(はせこし)工事による廃川地の埋め立て工事と富山港修築工事に利用された。

戦前は木材や貨物などを運ぶために敷設された富岩鉄道(現在の富山地方鉄道富山港線)や安い電力、広い工業用地などで流域には多くの工場が建設された。これによって富山の工業は発達した。

しかし戦後は、電力料金の高騰や上流の水質悪化、住宅地建設、などで立地環境が低下した。そのため流域の工業は衰退した。また、木材の輸送が盛んになったために貯木場(木材置き場)になりつつあって本来の役割を果たしていなかった。これにより樹皮がヘドロ化して堆積して悪臭を放ち、蚊やハエの発生源と化し、市民からは邪魔者扱いされる様になった。県は1979年3月4日に運河の半分を埋め立てて富山市中心部と国道8号をつなぐ幅25mの道路や緑地、公共施設、工場などを建設する計画を発表した。しかし県は1984年に、むしろこれをいかして運河を中心とした街づくりを目指すため残すことを発表した。

そして、1988年、富山駅北地区の新都市拠点整備事業「とやま都市MIRAI計画」が始まり、富岩運河環水公園の工事が始まった。1997年7月1日、富岩運河環水公園が開園。市民の憩いの場となっている。2007年3月22日、富岩運河環水公園内に小運河と人工島「あいの島」が開園した。また、富岩運河環水公園から中島閘門間の脇には遊歩道や休憩所が整備され、かつてのゴミ捨て場から市民の憩いの場所へと変わった。4月から11月にかけて運河には遊覧船が就航している。

※Wikipediaより

世界一美しいスターバックスコーヒーのお店が日本にある、とご存知ですか?それが、富山市内にある富岩運河沿いに佇む「スターバックス富山店」です。

このお店は、2018年にグローバルなデザインコンペティション「Starbucks Global Mug Design Contest」に出品され、その年のグランプリに選ばれたことで一躍注目を浴びました。翌年には、このお店の美しい外観や内装が世界中で話題となり、富山市内に観光に訪れる人々の間で大変人気となっています。

スターバックス富山店は、富岩運河沿いにある旧日本軍の貯炭庫をリノベーションして作られたお店です。外壁には石材が使われ、屋根は茅葺きになっており、古き良き日本の建築の趣を感じさせます。内部には、木製の家具や暖炉、薪ストーブなどが置かれており、温かみのある空間となっています。また、お店の庭には水と緑が溢れ、季節によってさまざまな植物が咲き誇ります。これらの要素が融合して、とても落ち着いた雰囲気が漂うスタバとなっています。

スターバックス富山店には、窓からは富岩運河や立山連峰を望むことができ、四季折々の景色が楽しめます。特に、秋には紅葉が美しく、冬には雪化粧した風景が見られるため、訪れる人々を魅了しています。

世界的に有名なコーヒーチェーン店であるスターバックスですが、富山市内のこのお店は、その美しい外観や内装、そして素晴らしい景色が楽しめる場所として、訪れる人々に心地よいひとときを提供してくれます。是非、一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

ここからの立山連峰も美しいです。

富山市総合体育館方面を望む。町並みと運河の景色がとてもきれいです。

富岩運河は、富山市内を縦断する水路であり、歴史的建造物として観光名所の一つとなっています。その中でも、橋は運河をまたいで建設されており、美しい景観を楽しむことができます。

橋には様々な種類があり、富山市内にある富岩運河にも複数の橋が架かっています。中でも、彩華橋は観光客に人気があり、夜にはライトアップされた姿が美しいと評判です。また、舟運を支えた木橋として、天守閣や富山城とともに、富山のシンボルとしても親しまれています。

その他にも、石畳の浜見橋や、モダンなデザインの旭橋など、それぞれの橋に特徴があり、散策するだけでも楽しめます。また、橋の上から見る運河の景色も素晴らしく、四季折々の風景を楽しむことができます。

富岩運河を訪れた際には、橋を渡りながら周辺の景色を眺める散策を楽しんでみてはいかがでしょうか。また、日中はもちろん、夜のライトアップされた橋の美しさも必見です。







よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

電子機器の試作会社、老舗出版会社、通信系IT企業を経由して、現在は兼業ブロガー。SDGsに貢献しつつ、生活の中で課題をもって購入した商品のレビュー、プチ旅行の紹介、忘れつつある記憶の記録など、おおむね個人の趣味を綴ったブログにしたいと思います。

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次