活気あふれる富山駅前 商業施設内には光岡自動車のデモカーも展示中!

まいどはやです。

富山駅(とやまえき)は、富山県富山市明輪町にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)・あいの風とやま鉄道の駅である。

なお、本稿では当駅に隣接する富山地方鉄道の以下の駅および停留場についても詳述する。

電鉄富山駅(でんてつとやまえき)
電鉄富山駅・エスタ前停留場(でんてつとやまえき・えすたまえていりゅうじょう)
富山駅停留場(とやまえきていりゅうじょう)
概要

各駅・停留場の位置関係
JR西日本・あいの風とやま鉄道の富山駅は、JR西日本の北陸新幹線および在来線の高山本線、あいの風とやま鉄道のあいの風とやま鉄道線が乗り入れている。あいの風とやま鉄道線は元々は当駅の所属線であった北陸本線の一部であったが[1]、2015年(平成27年)3月14日の北陸新幹線長野駅 – 金沢駅間延伸開業に伴い、あいの風とやま鉄道へ移管された。これに伴い、在来線構内はJR西日本の在来線である高山本線も含め、あいの風とやま鉄道の管轄となった。

富山地方鉄道の電鉄富山駅は本線の単独駅であるが、隣の稲荷町駅で分岐する不二越線の列車も乗り入れており、事実上2方向の列車が利用できる。

JR西日本・あいの風とやま鉄道の高架下には富山地方鉄道の富山駅停留場が設けられており、富山軌道線・富山港線が乗り入れる。富山軌道線・富山港線には6つの運転系統が存在するが、富山駅停留場にはその全てが発着する。

富山軌道線にはこのほか、駅南側の道路上に電鉄富山駅・エスタ前停留場が設けられている。この停留場は2015年(平成27年)3月14日に富山駅停留場が開業するまでは富山駅前停留場を名乗っており、富山駅の最寄り停留場であった。

富山港線は2006年(平成18年)2月28日まではJR西日本の運営で、同社の富山駅に乗り入れていた。その後富山ライトレールに移管されるとともに富山駅付近の線路が道路上に移設され、2006年(平成18年)4月29日から2020年(令和2年)3月20日までは駅北口に設けられた富山駅北停留場に発着していた。富山地方鉄道に経営統合された後、2020年(令和2年)3月21日に線路を高架下に延長、富山駅北停留場は富山駅停留場に統合され廃止となった。

※Wikipediaより

富山駅前は、北陸新幹線の富山駅を中心に、商業施設やホテルが立ち並ぶエリアです。駅前には、地元の特産品を扱うお土産店や飲食店、ファッションブランド店などがあり、多くの人々で賑わっています。また、周辺には映画館や劇場、美術館などの文化施設も充実しており、観光客にも地元の人々にも幅広く愛される場所となっています。交通の要所としても重要な富山駅前は、北陸地方を訪れる人々の出発地としても大変便利な場所と言えます。

富山駅前は市電の発着場として賑わいを見せます。市電は昔ながらのレトロなものや近未来的なデザインで、観光客からも人気です。

富山県は、自動車産業が盛んな地域として知られています。その中でも、光岡自動車は数少ない国産高級車メーカーのひとつとして有名です。その光岡自動車のデモカーが、富山市内の商用施設に展示されているのを発見しました。

富山には、他にも有名な自動車メーカーの発祥の地がたくさんあります。トヨタ自動車の系列会社であるダイハツ工業もそのひとつで、かつてはトヨタ自動車の軽自動車生産拠点として、今でも富山県内に工場を有しています。

また、ホンダのバイク製造子会社であるホンダドリーム富山も富山県内に本社を構えています。ホンダのモータースポーツ活動にも熱心に参加しており、地元でのレースイベントではホンダのバイクが目立ちます。

富山県は、自動車やバイクをはじめとする輸送機器産業が盛んであり、地元の企業が世界市場で活躍する一方、県内には車やバイクの愛好家も多く、オートバイのツーリングイベントや車のイベントも盛んに開催されています。

富山駅前は、交通アクセスが良く、商業施設や飲食店が多く、市電が行き交う活気のあるエリアです。さらに、立山連峰や黒部峡谷など、豊かな自然や文化的な観光スポットへのアクセスも良好です。富山を訪れる際は、ぜひ駅前エリアを散策して、その魅力を味わってみてはいかがでしょうか。







よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

電子機器の試作会社、老舗出版会社、通信系IT企業を経由して、現在は兼業ブロガー。SDGsに貢献しつつ、生活の中で課題をもって購入した商品のレビュー、プチ旅行の紹介、忘れつつある記憶の記録など、おおむね個人の趣味を綴ったブログにしたいと思います。

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次